« FTDX3000DMを購入 | トップページ | 申請?それとも届出? »

2021年4月11日 (日)

FTDX-3000にRTL-SDR V3をつなぐ

先日購入したFTDX-3000について、いろいろな方が書かれているブログ記事などを検索していたのですが、特に興味を惹かれたのが、nyantaroさんが書かれている、「にゃん太郎とアマチュア無線」ブログの「RTL-SDR V3 FTDX3000 cwskimmer」の記事でした。

FTDX-3000リアパネルのIF OUT端子とRTL-SDR V3というUSBドングルを接続してSDRを動作させるというものです。

FTDX-3000を使ったSDRは、他にもRX OUT端子にSDRplay社のSDR受信機を接続するのもあり、そちらも興味を惹かれたのですが、SDRplay社のSDR受信機は例えばRSPdxというモデルが3万円弱くらいするのに対し、RTL-SDR V3はアマゾンで3,372円と10分の1ほどの出費で済むので、RTL-SDR V3を採用して遊んでみることにしました。

(今アマゾンを確認したら、販売元が変わったようで3,980円でした。ちょうど安い時期に買えた模様。)

さて、FTDX-3000のIF OUT端子はRCAメス、RTL-SDR V3の端子はSMAメスのようなので、RCAオス---SMAオスのケーブルがあればいいのですが、なかなかそんな都合がいいものは無いようです。

なので、RCAオス-BNCメス変換コネクタ+BNCオス-BNCオスケーブル+BNCメス-SMAオス変換ケーブルを組み合わせて使うことにしました。すべてアマゾンで調達し、RTL-SDR V3とケーブルの合計の出費は5000円ちょっとでした。

20210410_sdr_1

ちょっと悩んだのが、RCAやBNCって、ビデオなどの接続に使う75オーム品もあり、50オームと75オームどちらを使うのが正しいのか?ということですが、SMAはおそらく50オームだろうということで、各コネクタやケーブル類は50オーム品で統一しました。

RCAピンをFTDX-3000のIF OUTに挿し、RTL-SDR V3をPCのUSB端子(実際はUSBハブですが)に接続して準備完了。

20210410_sdr_2

ソフトのインストールはまた次回。

|

« FTDX3000DMを購入 | トップページ | 申請?それとも届出? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« FTDX3000DMを購入 | トップページ | 申請?それとも届出? »