« 家のアンテナ | トップページ | 2月10日高尾山移動運用 »

2007年2月10日 (土)

ハンディ機の乾電池ケース

古いリグはすでに生産中止になっており、欲しいオプション等があっても入手に苦労しますが、先日ホームページの中古品でTH-D7用の乾電池ケースBT-11を見つけたので早速ゲットしました^^

TH-59用の乾電池ケースBT-9も売られていたので、ついでにこちらも一緒に購入しました。

TH-D7、TH-59ともDC電源をつなげていないときはニカドバッテリーで使っていましたが、外でバッテリーが切れると、もうどうしようもありません。その点、乾電池はコンビニ等でも手に入りますので、いざという時には便利です。

Handy_denchi ←ハンディ機本体と、今回入手した乾電池ケース

また、ニカドバッテリーに比べ、乾電池のほうが長持ちのようです。(TH-D7の取説によると、標準装備のニカドバッテリー4時間に対し、アルカリ乾電池は14時間。430MHzの場合。電圧はどちらも6Vで、送信出力はともに約2.2W。)

というわけで、今後、これらハンディ機の活躍の場を増やそうかと思います^^

|

« 家のアンテナ | トップページ | 2月10日高尾山移動運用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハンディ機の乾電池ケース:

« 家のアンテナ | トップページ | 2月10日高尾山移動運用 »