« ID-92のマイクコネクタについて | トップページ | CQ誌2009年8月号 »

2009年7月20日 (月)

関ハム2009

7月19日(日)に、大阪府池田市で開催された関西アマチュア無線フェスティバル2009に行ってきました。関ハムに行ったのは初めてです。

本当は今年も特に行く予定はなかったのですが、先日、そういえばもうすぐ期限切れになる某航空会社のマイレージが残っていることを思い出し、東京-大阪間往復の特典航空券に交換して行ってきました。

関ハム会場は、伊丹空港からモノレールと阪急電車を乗り継いで2駅と、アクセスも非常によかったです。

最寄駅の阪急石橋駅に昼前くらいに到着し、そこから会場まで歩きました。きっと、関ハムに向かう人の流れがあるんだろうな~、と思って駅を出てみたのですが、そのような流れは全くなく、関ハムのホームページにあった行き方を見て書いたメモを見ながら歩いて行きました。特に迷うこともなく、数分で無事に会場に到着しました。

会場は、池田市民文化会館です。到着する前は、どうしてもハムフェアみたいな大きな建物にブースがいくつもあるようなのをイメージしてましたが、実際はいくつかのホールに分かれて、企業展示やクラブ展示が行われていました。

最初、どこに何があるのかわからず、軽く一周してみました。屋内だけでなく、お隣の公園には屋外フリーマーケットもありましたが、ハムフェアに比べると、かなり小規模な感じでした。

軽く一周したところで、今度はゆっくりと見てまわります。

Kh2009_1

▲企業展示や販売が行われているホールです

当局も使っているAPA-4でお馴染みの、ミニマルチアンテナさんが入って目の前に陣取ってました。

ハムフェアなんかの混雑に比べると、ホール内はけっこう空いている感じです。おかげで、ゆっくり見ながらお話できたりしました。

Kh2009_2

▲スタンダードさん展示

スタンダードは、VX-8などのハンディ機は奥のほうにあり、HF固定機を触りやすい場所に配置しての展示でした。スペースの都合か、FT-857/897はありませんでした。

Kh2009_3

▲アイコムさん展示

アイコムは、スタンダードとは逆に、HF固定機は奥のほうで、D-STAR機が触りやすい場所にありました。来週からD-STARコンテストというのも行われるようです。

Kh2009_4

▲ナガラ電子さんのアンテナ群

ナガラ電子の展示を見るのは初めてかもしれません。昔、ナガラさんの430MHzの八木アンテナを使っていたこともあり、親近感があります。最近は、144/430MHz 2バンド八木アンテナのDO-28にちょっと興味があります。

写真はありませんが、ほかにケンウッド、アルインコ、コメットアンテナ、ダイヤモンドアンテナなどの展示がありました。が、各展示とも新製品等は特になく、すでに市場に出ている製品を並べて展示している、といった感じでした。

ケンウッドは、最近HF/6mの新機種のウワサがありますが、そっちではなく、「APRS対応のハンディ機は出さないの?」と聞いてみました。すると、「計画進行中でハムフェアには何かしら情報を出せるかも」とのことでした。VX-8とは違うコンセプトにもっていくらしいです。ハムフェアで何が出るのか、楽しみです。

ほか、NDC(名古屋デジタル通信懇談会)さんのところで、ID-92のメモリ管理ソフトの使い方をちょっと教えてもらったり、D-STARのシンプレックス周波数(438.83MHzらしい)の話をしたりました。(I/Fキットとかいろいろ売ってましたが、何も買わなくてゴメンナサイ・・・)

Kh2009_5

▲屋外フリーマーケット

屋外にはフリーマーケットが出ていました。この時期、屋外だと大変そうです。この日は蒸し暑かったですが、天気は曇りで、カンカン照りの快晴や、雨降りではなかったので、まだ良かったかもしれません。見てまわりましたが、残念ながら、特にめぼしいものは見つからず、何も買いませんでした。1日目(土曜日)だったら、いろいろあったかもしれませんね。14:00くらいから撤収しているところもちらほらありました。

クラブ展示は、ハムフェアと同じような感じです。が、数があまり多くないので、短時間ですぐ見てまわれました。

催しもので講演などが行われていましたが、特に聞きたい内容ではなかったので、聞きませんでしたが、全体をゆっくり見てまわっても1時間~2時間あれば充分、という感じでした。

Kh2009_6

▲アマチュア衛星「ふじ1号」展示

ひととおり見たあと、会場内でハンディ機を出して、関ハム記念局8N3KNと交信させていただきました。そして、少々買い物をして、持参したQSLカードをJARLの転送受付に出して、15:00頃に帰りました。

Kh2009_get

▲今回の戦利品

今回買ったのは、144/430/1200MHzのモービルアンテナと、光るネームプレートです。あと、ナガラ電子、ミニマルチアンテナのカタログは珍しいのでいただいてきました。

ちなみに、モービルアンテナは帰りの飛行機乗るときに何か言われるか心配でしたが、特に大丈夫でした^^

今回、初めて関ハムに行きましたが、全体的に思っていたより規模が小さくて意外な感じでした。が、その分、時間に余裕があって、のんびり見てまわれました。また、わりと空いているので、質問したり、お話ししたりというのにはいい感じです。

ハムフェアの、人ごみをかき分けながらセカセカ見てまわるのに比べると対照的な印象でした。

|

« ID-92のマイクコネクタについて | トップページ | CQ誌2009年8月号 »

コメント

これは行ってみたいですね~。
ほのぼのしてますね。

投稿: JO1KVS | 2009年7月21日 (火) 20時06分

KVSさん

空いていたのは2日目だったからというのもあるのかもしれません。いずれにしても、関東のハムフェア以外の催しに行ってみるのも、新鮮でいいですよ~^^

投稿: jo1quf | 2009年7月21日 (火) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209852/30626670

この記事へのトラックバック一覧です: 関ハム2009:

« ID-92のマイクコネクタについて | トップページ | CQ誌2009年8月号 »