« オール横浜コンテスト2008の結果 | トップページ | 南極との交信 »

2008年10月 9日 (木)

IC-PCR2500の紹介ビデオ

アイコムの広帯域受信機IC-PCR2500の紹介ビデオが、Impress Watch Videoに掲載されていました。STAPA VISION(リンクはこちら)の#009です。

すでにご覧になっている方もいるかと思いますが、Impress Watchに無線関係の情報が載るとは、珍しいですね。今後、リグの使い勝手の紹介とか、もっと載せてくれないかな・・・(無理かな・・・)。

詳細は、ビデオをご覧いただければと思いますが、前半の最後のところでKG-ACARSの話題が出てから以降は、ずっとKG-ACARSの話題ばっかりです。KG-ACARSってどんなものが見てみたいとか、何に使うのとかを知りたい方も、このビデオを見ると参考になるかもしれません。

逆に、IC-PCR2500については、操作画面のレイアウトの話と、周波数プリセットの話があるくらいで、ちょっとガッカリな感じです。最後には、「ここまでの受信機を使わなくても、ハンディ機タイプでも充分」みたいな発言もあり、おいおい、IC-PCR2500のビデオじゃなかったの~? という内容でした。それはそれで、参考になるんですけどね・・・^^;

当局もACARSは、以前CQ誌の付録にエアバンド受信の付録がついてきたときにちょっと受信してみて、「これはおもしろい」と思いましたが、結局その後はやっていません。ビデオの中にもちょっと紹介されていますが、飛行機マニアさんのツール的な役割が大きい気がします。

ところで、ビデオの中では、受信機とPCの接続はUSB1本という紹介でACARSの受信をしておりました。PCへの音声入力もUSB経由でできるのかなと思ってアイコムのホームページでこの受信機のページを見てみたところ、PCを使った録音などもできるのですね。

近頃発売されたIC-7200もUSB経由で音声入出力ができるっぽいですし、ハムフェアで展示されていたIC-7600は、PC用のUSBキーボードを接続すればそのままRTTY端末としても使えるとの情報もあります。USBを単なるコントロール機能だけではなく、いろいろな機能で使うことができるようになるのは、便利で楽しそうですね。

USBを多機能に利用しているアイコムに対して、スタンダードはBluetoothでしょうか。どちらにしても、従来のリグにはなかった、新たな使い方が期待できそうです。このようなインターフェースを駆使した機器がいろいろ出てきて、業界が活性化していくと嬉しいですね。

|

« オール横浜コンテスト2008の結果 | トップページ | 南極との交信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209852/24370585

この記事へのトラックバック一覧です: IC-PCR2500の紹介ビデオ:

« オール横浜コンテスト2008の結果 | トップページ | 南極との交信 »