« フィールドデーコンテスト2008 | トップページ | ALL JA1コンテスト2008の結果 »

2008年8月 5日 (火)

CQ誌付録のメモリーキーヤー製作

夏休みの工作として(?)、CQ誌6月号に付録で付いていた、4チャンネル・メモリー・キーヤー"OIKey-F88"を製作しました。

部品等は自分で調達しなければなりませんが、秋月電子通商にキットが販売されており、すでにかなりの方が製作されているかと思います。

当局は、以前にCalKeyerを製作したこともあり、キーヤーばかりあまり急いで製作することもないかなと思っていたのですが、先日のCW移動運用で、やはりメモリ付きのキーヤーが必要と痛感し、先週末のフィールドデーコンテストに間に合わせるべく、先週の初め頃から製作を開始しました。

ケースをきれいに加工して、見映えとか使い勝手とかじっくり考えてから作ろうかとも思いましたが時間がないですし、かといって基板に部品を直付けしてしまうと後からケースに入れようと思っても取り外しが大変、ということで、とりあえず運用中に触るパーツをケースの外から操作できるだけ、という方針で部品集めをしました。

Oikey_parts

▲基板、キットのほかにケースやスイッチ類を別に購入しました

ケースには、電源とモードのトグルSW用に2箇所、メモリCH選択のプッシュSW用に4箇所、パドルとトランシーバを接続するステレオピンジャック用に2箇所、キースピード調整VR用に1箇所、そして電源ONで点灯するLED用に1箇所、の穴を開けました。

電源供給は、ケース内に内蔵する電池のみとして、外部電源用ジャックは取り付けませんでした。

Oikey_assy

▲基板上に部品を実装し、ケースに取り付けたSW類と配線して組み立て完了

基板はケースにネジ止めし、電池はケースのふたに接着剤で貼り付けたスポンジで押し付けて固定しました。

さて、何とかフィールドデーコンテストの前日に完成し、電源スイッチをONにするとQRVとモールス符号が聞こえてきました。まあ、大丈夫だろうと、ろくにテストもせずに(笑)、翌日のコンテストに実戦投入しました。

Oikey_fd_test

▲フィールドデーコンテストに実戦投入中

結果としては、非常に便利でした。CQを出すとき、NRを送るときなどに大活躍でした。

気になった点としては、先日のCW移動のときもそうだったのですが、メモリに記憶させるときに、ときどきドットが落ちて記憶されてしまうことがあり、記憶させる作業に結構手間取りうました。当局のやり方、というか送信の腕がまずいのかもしれませんが・・・。

また、メモリ呼び出しのボタンを押しても無反応なときがたまにありました。あれ? と思って何度か押していると、そのうちに記憶モードに入ってしまったり・・・。相手の方からは、NR? NR? と催促されてパニックに~! というのが何度か・・・。ご迷惑をおかけしました・・・ プッシュSWに接触不良があるのかもしれません。

とにかく、今は多少難ありですが、非常に便利なツールを入手できた気分です。見映えとか、もういいやという感じです(笑)。デザインも今のままで、今後も活用していこうと思います。

|

« フィールドデーコンテスト2008 | トップページ | ALL JA1コンテスト2008の結果 »

コメント

これ、便利ですよね。
すごくメモリーキーヤーの所有者増えたのではないでしょうか。完成以来、CWはこれがメインになっています。

電池で使われることが多そうですね。
LEDには直列でキット付属の抵抗を入れておくと消費電流が若干下がります。もっと大きな抵抗でもいいかもしれません。

当局のはまだケースに入っていません。
金属製のケースは用意してあります。
基盤実装パーツが多いので、ピッタリに穴を開けるのは難しそうです。
天気の悪い週末に頑張って仕上げてみようかな。

投稿: JO1KVS | 2008年8月 5日 (火) 23時38分

夏休みの宿題にしようと思っています。そのくせ、キットをまだ入手もしていなかったりして。(爆)

投稿: オフセット/BBO | 2008年8月 6日 (水) 00時35分

KVSさん

確かに標準の抵抗だけではLEDはまぶしいくらいに光りますね。抵抗はもっと大きくてよさそうです。
ピッタリ穴あけは、基板固定(4箇所はあきらめて2箇所にしました)とLEDの窓のみでしたので比較的楽でした。LED実装のときの高さ合わせがやや苦労しましたが・・・。
オリジナリティのある実装してみてください~^^


オフセットさん

当局もFDコンテストがなければ夏休みにのんびり製作予定でしたが、コンテストで使おうと結局平日の夜に組み立てました。
製作は簡単ですし、一度使うと手放せなくなっちゃいますよ~^^

投稿: jo1quf | 2008年8月 6日 (水) 04時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209852/22808448

この記事へのトラックバック一覧です: CQ誌付録のメモリーキーヤー製作:

» モールス符号のこと [WEBの情報缶!]
モールス符号とはWikipediaより -- モールス符号(Morse code)は、電信で用いられている可変長符号化方式 符号化された文字コードである。アメリカ合衆国の発明家サミュエル・フィンレイ・ブリース・モールスが、1837年9月4日にニューヨーク大学で現在のものとまったく異...... [続きを読む]

受信: 2008年8月 7日 (木) 18時18分

« フィールドデーコンテスト2008 | トップページ | ALL JA1コンテスト2008の結果 »