« 宮崎+石狩後志支部+島根対全日本コンテスト2008 | トップページ | オール岐阜コンテスト2008 »

2008年6月11日 (水)

APA-4を18MHzで使ってみる

6月8日の午後は宮崎、石狩後志など3つのコンテストに参加しておりましたが、そのコンテスト中の出来事です。

コンテストのCQを出してくれる局が少ないので、待っている間コンテスト以外の周波数帯もワッチして移動運用局とQSOしたりしていました。

そうしているうちに、18MHzSSBT88(パラオ)が聞こえました。少しパイルになっているものの、それほど大ぜいの人が呼んでいるわけでもありませんでした。

以前であれば、サガ電子のCM-144W7にて18MHzもQRVしてましたので、さっそく呼ぶところですが、現在そのアンテナは撤去してしまっており、代わりにAPA-4を使っています。APA-4は、7/14/21/28MHz、おまけで10MHzが使えるかもというアンテナですが、18MHzバンドではSWRが非常に高く、当然そのままでは全く使えません

そこで、APA-4とリグの間にマニュアルアンテナチューナ(MTU)を入れて無理やり同調させてみました。

MTUはMFJ-902ですが、実はこれを使うことで、APA-4でも、18M、24MともSWRだけは下がることは確認済みでした。(3.5Mはダメでした) でも、果たして飛ぶのかな~と、いつか実際に試してみようと思っていたところでしたので、チャンス到来です。

Apa4_mtu_18m

↑APA-4でもMTUを使えば18MでのSWRが落ちます

MTUを接続し、以前メモっておいた18MHzのダイヤル位置に合わせます。チューニングは結構シビアで、ちょっとダイヤルの位置がずれただけでもSWRが高くなってしまいますので、リグのSWR計を見ながら微調整し、準備完了です。(上の写真はアンテナの給電点近くにMTUを接続していますが、今回はリグのすぐそばに接続しました)

準備している間に、ちょうどパイルも治まってきました。まさにチャンス!

CQを出しているので呼んでみます。

当局「Juliett Oscar One Quebec Uniform Florida Calling you」
パラオ局「はい、○○さんどうぞ」

う~ん、別の局です。交信はレポート交換のみで10秒程度で終わり、
パラオ局「QRZ~?」
先ほどとは一段と大きな声で再度呼びます!

当局「Juliett Oscar One Quebec Uniform Florida~」

すると、
パラオ局「CQ、CQ~・・・」

う・・・sweat01。こ、これは・・・、まったく飛んでない??
MIC GAINのボリュームを若干上げて、再度大きな声で呼んでみます!!

当局「じゅりえっと~ おすか~ わん けべっく~ ゆにふぉ~む ふろりだ~~~っ!!」
 (少しの沈黙)
パラオ局「CQ、CQ~・・・」
当局「・・・・ wobbly

う~ん、多少なりとも届いていれば、それなりの反応がありそうですが、全くの無視!、いえ、お気づきになっていないご様子です。やはりSWR大のアンテナだと、無理やり同調させてもダメですね。やはりアンテナの調整は基本です。

すごすごとMTUを外し、またコンテストに戻りました・・・^^;

ただ、結果はなんとなくわかっていたものの、もしかしたら・・・sunという気持ちもあり、ワクワクした楽しいひとときでした~happy01

|

« 宮崎+石狩後志支部+島根対全日本コンテスト2008 | トップページ | オール岐阜コンテスト2008 »

コメント

パラオ局は同調しているアンテナを使っていても、59+で聞こえているのに全く無視ということがよくあります。
というのも親日派のパラオでは日本人のハムの運用も大サービスで、たとえ4アマでも1kw運用を認めてくれるからです。
レンタルシャックから出てくる局は1kwのことが多いので、よく聞こえていてもアレ?ということが多いのも特徴です。

投稿: JO1KVS | 2008年6月11日 (水) 06時00分

KVSさん、

そうなんですか~。相手がパラオだったから・・・とすると、国内局あたりで再トライしてみたほうがいいかもしれませんね。
機会あればチャレンジしてみますhappy01

投稿: jo1quf | 2008年6月12日 (木) 00時07分

そうですね。パラオは21で59+だったのに全く拾ってもらえず、むなしくCQが返ってきた事があります。13mくらいのワイヤーにATUでしたからダイポール並には飛ぶアンテナでしたがダメでした。
よく開けていれば場所的にも楽勝なのですが・・・。そんなこともあるということで。

Eスポで最も長い時間賑やかになるのは18MHz帯。昨夜も賑やかで自分も何局か交信しました。こういうときならモービルホイップでも楽勝ですので再チャレンジしてみてください。
ダメだったら4.1mほどのワイヤーを給電点につけてそっちに乗っけてしまえばかなり飛ぶと思いますよ。

投稿: JO1KVS | 2008年6月12日 (木) 20時39分

KVSさん、

情報ありがとうございます。
18MHzは以前から好きなバンドだったのですが、アンテナをAPA-4に変更してからは出れなくなりました。ベランダからのケーブル引きこみも、現在以上に増やせそうにないので、APA-4で使えれば儲けもの^^と思ったのですが・・・。
APA-4で再チャレンジしてダメなら、モービルホイップを使って運用するときだけ窓からケーブルを引きこむとか、何か考えたいと思います~。

投稿: jo1quf | 2008年6月13日 (金) 00時08分

う~ん、残念でした。私も、もしかしたら?という期待でいつも呼んでいますよ~。やっぱりなぁ~、とうい時が多いですが、オォ~という時もたまに有るので、止められません。^^;
DXも頑張りましょう。

投稿: オフセット/BBO | 2008年6月13日 (金) 01時00分

オフセットさん、

そうなんですよね~。よく言われることですが、不確実性とか意外性があるからこそ、アマチュア無線は楽しいです^^
「ダメかな~?」と思ったのが「いけたーhappy02」ってときの喜びったらもう・・・ですねsign03

投稿: jo1quf | 2008年6月13日 (金) 01時30分

21MHzで動作している部分があると思うんですね。多分途中のコイルまで。そのあたりに目玉クリップにワイヤーつけたものを付けると、21→18に同調点が下がって運用できるかもしれません。
カットアンドトライですが・・・これならいけるかも~。

投稿: JO1KVS | 2008年6月13日 (金) 06時55分

KVSさん、

なるほど。ただ、APA-4は4バンド対応ですが中間コイルが2箇所しかありません。これで4バンド(実質的には10Mも入れて5バンド)対応にしているのは不思議です。でも、いろいろ試してみる価値があると思いますので、今度やってみます。
あと、いろいろな方のブログを見ていると、APA-4で18MHzバンドで交信できたとの記事もありますので、そのままでもやればできるのかもしれません。
いずれにしても、ここであきらめずにもう少しいろいろ粘ってみようかと思います。

投稿: jo1quf | 2008年6月13日 (金) 23時26分

なるほど~、きっと全バンド1/4波長の設計ではなさそうですね。単純なトラップコイルならばバンド分コイルが必要になりますので。
アンテナの設計がどうなっているかわかりませんが、どこかにワイヤーつければきっと乗ります。目玉クリップに1mの電線を付けて、アナライザで変化を見てみれば、ここにワイヤーをつけるとこのバンドに変化が出る、とか見えてくると思います。18に出れるようにすると、他のバンドは全滅、なんてこともあるかもしれませんが、クリップ一つですから実験するのも楽しめますね。
手元に引き寄せられるセッティングをしているAPA-4ならではの楽しみかと思います。同調するとすごく飛びますよ。(きっと)

投稿: JO1KVS | 2008年6月14日 (土) 10時51分

KVSさん、

アドバイスありがとうございます。
日曜日に、APA-4とマニュアルチューナで18MHz CWにて小笠原JD1と交信できました。一応お互い599のレポートでしたが、その局以外でも、18MHzでの受信は7MHzや21MHzに比べるとやや弱い感じです。アンテナ自体が同調していないとこんな感じなのでしょうか。
18MHzで使うなら、KVSさんが書かれているような実験をして、アンテナ自体を同調させるほうがよさそうですね。
ここのところ、なかなか落ち着いてアンテナをいじる時間が取れませんが、あまり暑くならないうちに試してみたいと思っています。

投稿: jo1quf | 2008年6月17日 (火) 00時55分

うちのアンテナはアクティブアンテナ。
可変式ですが、基本的にモノバンド。
別のバンドのあわせると、なぁんにも聞こえません。あわせたバンドだけガンガン聞こえます。
同調してない状態が簡単に体験できます。これにアンテナチューナーで頑張ってみても、SWRは下がって、ほんの少し受信もよくなりますが、同調しているときの足元にも及びません。もちろんほとんど飛びません。
コイルが一切入っていない、7メガフルサイズのDPでしたら、もっと別のバンドも聞こえますしそこそこ飛びますが、コイルなどが入ったり、短縮されているともうダメです。
かつて何にも入っていないモノバンドをトラップコイル入りに変えたとたん、BCLに使えないアンテナになりました。外形はほとんど同じなのに。

そんなわけで18に合わせて実験してみてくださいね~。

投稿: JO1KVS | 2008年6月22日 (日) 00時35分

KVSさん、

なるほど、同調していないアンテナだと受信もダメなのですね。送信のほうは気にして同調させるようにしておりましたが、受信はあまり気にしていませんでした。
情報ありがとうございました~^^

投稿: jo1quf | 2008年6月22日 (日) 19時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209852/21553505

この記事へのトラックバック一覧です: APA-4を18MHzで使ってみる:

« 宮崎+石狩後志支部+島根対全日本コンテスト2008 | トップページ | オール岐阜コンテスト2008 »