« VCHアンテナの製作 | トップページ | CQ誌6月号 »

2008年5月18日 (日)

自作VCHアンテナのSWR測定

先日作ったVCHアンテナを、実際に屋外に設置してみて、SWRを測定してみました。

アンテナ自体が非常にコンパクトで、アンテナの部品(釣竿、コイル、給電部、ケーブル類)とSWRアナライザをディパックに入れて、自転車で近くの多摩川沿いの公園で測定してみました。

軽いので、釣竿を立てる場所がなくても自転車を使って立てることができました。また、設置も5分くらいでできました。非常にお手軽な感じでFBです。

Vch_ant_bicycle

↑自転車を利用してアンテナを設置してみました。

Vch_ant_bag

↑アンテナの部品です。小さなディパックに入ってしまいます。

同軸ケーブルをSWRアナライザに接続し、果たしてちゃんと動いてくれるかドキドキしながら測定を開始しました。

まず7MHzですが、特に何もしなくてもSWR=1.5くらいとなりました。続いて10MHzですが、これも何も調整することなくSWR=2.0くらいでした。もう少し値が小さいほうが良いかと思いますが、使えないことはないと思います。

Vch_ant_swr_7m

↑7MHzではSWR=1.5くらいでした

Vch_ant_swr_10m

↑10MHzはSWR=2.0でした。

さて、14MHzですが、これは調整なしだとSWR=6くらいとなり、このままでは使用できません。調整といっても、コイルの巻き数(ミノムシクリップを挟むタップの位置)を変えるか、アース線の長さくらいしかありません。まず、コイルの巻き数ですが、これはほとんど効果ありませんでした。同調点が14MHzよりかなり低い周波数にあるようです(こういう時にSWRアナライザの威力発揮です!)。

そういえば、どなたかのVCHアンテナ関係のホームページで、14MHzはアース線をトグロ巻きにしたらSWRが下がったとの書き込みがあったと思い出し、アース線をいろいろいじってみました。すると、SWRが1.8くらいまで下がることがあることがわかりました。ただ、トグロのさせ方によって、同じようにやっているように見えてもSWRは下がらないということもあり、なかなかシビアです。

Vch_ant_swr_14m_1

↑14MHzではSWRは6くらいでした。これでは使えません。

Vch_ant_swr_14m_2

↑アース線をトグロにすると、SWRが1.8くらいまで下がることがあります。

とりあえず、アンテナのつくりとしては大きな間違いもなく完成したようです。が、7MHzと10MHzがほとんど無調整ですんなりSWRが落ちているのに対し、14MHzはまだ調整の余地がたくさんある感じです。14MHzにて、安定してSWRが下がるアース線の処理方法があればいいのですが・・・。

CQ誌の記事にも、アンテナをリグに直結よりも、カップラ等を使うのが推奨されていましたので、その手の対策についても今後試してみようと思います。

|

« VCHアンテナの製作 | トップページ | CQ誌6月号 »

コメント

 コイルより上のエレメントが結構シビアだと聞いていましたが、いきなり使えそうで良かったですね~。
 このアンテナ、自転車があるとホント手軽ですね。
 移動用のリグも欲しくなっちゃいますね。

投稿: JO1KVS | 2008年5月18日 (日) 07時50分

KVSさん、

エレメントの長さなどは、CQ誌の記事に書かれていたもので、特にトラブることもなくラッキーでした。14Mに調整の余地ありですが、2アマの免許来てから考えるでも良いかな~とちょっと思ってたり・・・。
さらに、いよいよEsシーズンもやってきて、ハイバンドのアンテナもお手軽なのが1つ欲しいなとも思います~^^

投稿: jo1quf | 2008年5月19日 (月) 03時35分

ハイバンド、5.5m釣竿で作る21MHzデルタループなんていかがでしょう。
巨大ですが河原では楽勝です。うちの自信作です。

投稿: | 2008年5月21日 (水) 20時25分

どなたでしょうか~・・・ってKVSさんですよね?(笑)

釣竿で作れるアンテナはいろいろあるんですね~。21Mデルタループも良さそうですね。
それに自作アンテナでの移動運用は楽しそう・・・。いろいろ作ってみたいです。
そういえば(自作ではないですが)、KVSさんオススメのマルドルSHG-2100を先日入手しました。なかなか144/430で遊ぶ時間がなくてまだ使っていませんが、そのうちレポートしますね^^

投稿: jo1quf | 2008年5月22日 (木) 02時13分

はい私でした。(^^ゞ

デルタループは2本の釣竿、縛り付けるまな板、バランと電線で出来上がります。中通しで作っておくと再現性が高まります。三角の形でインピーダンスが変わるのでバランの比率を選択して作ります。

SHG-2100入手しましたか!。
これ、モービルホイップ最長だけに飛びは期待出来ますよ~。

投稿: JO1KVS | 2008年5月22日 (木) 21時18分

KVSさん、

釣竿とまな板が材料ですと、工夫すれば携帯性の良いデルタループアンテナが作れそうですね。21MHzもいいですが、まずは28MHzか50MHzくらい(小型なもの)で試してみたい気がします^^

SHG-2100は、入手できたら家で使ってみたかったのですが、ベランダに付けると長くて上の階の人から苦情が来そうです・・・。まずはちょっと使ってみたいのですが・・・なかなか移動に行く時間も取れないんです~。

投稿: jo1quf | 2008年5月23日 (金) 01時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209852/21008483

この記事へのトラックバック一覧です: 自作VCHアンテナのSWR測定:

« VCHアンテナの製作 | トップページ | CQ誌6月号 »