« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月の7件の記事

2008年5月30日 (金)

縦振れ電鍵(ストレートキー)を購入

CWの交信もだいぶドキドキせずにできるようになってきました。多少は慣れてきたのかな・・・と思います。とはいっても、呼び専門、レポート交換のみの交信なのは相変わらずです・・・hi。

交信にはいつも、パドル(カツミ KM-23)を愛用しておりますが、そろそろ他のキーにも興味が出てきました。以前、CQ誌の記事に縦振れ電鍵だと感情表現ができたりする話もありました(それについての当局のブログ記事はこちらです)ので、今回縦振れ電鍵を購入してみました。

続きを読む "縦振れ電鍵(ストレートキー)を購入"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

2アマ従免届く

先日、2アマの合格通知が届き、バタバタしながら従免の申請を行いましたが、本日帰宅したらその2アマの従免が届いてました。

申請の案内書類には約1ヶ月と書いてあったのに、5月12日にポストに投函したのが、本日(5月22日)到着と、わずか10日で届きました。

考えていたよりずっと早い到着に、ちょっと戸惑っています(笑)。

続きを読む "2アマ従免届く"

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

CQ誌6月号

CQ誌6月号を購入しました。

今月の特集は、付録の基板を使っての「4chメモリ付きキーヤーの製作」です。カラー写真をたくさん使っての製作記事と、基本的な使い方、それから先行製作ユーザの方々による、オリジナルな製作記事や使い方が掲載されています。

当局で先日製作した、Calkeyer(製作記事はこちらです)に比べて、メモリ付きだけでも大きな違いですが、他にもランダムにコールサインを発生する聞き取りモードなども付いており、かなり多機能なキーヤーなようです。近いうちに、部品を揃えて作ろうかと思います。

続きを読む "CQ誌6月号"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

自作VCHアンテナのSWR測定

先日作ったVCHアンテナを、実際に屋外に設置してみて、SWRを測定してみました。

アンテナ自体が非常にコンパクトで、アンテナの部品(釣竿、コイル、給電部、ケーブル類)とSWRアナライザをディパックに入れて、自転車で近くの多摩川沿いの公園で測定してみました。

軽いので、釣竿を立てる場所がなくても自転車を使って立てることができました。また、設置も5分くらいでできました。非常にお手軽な感じでFBです。

続きを読む "自作VCHアンテナのSWR測定"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

VCHアンテナの製作

CQ誌の今月号に特集で掲載されていたVCHアンテナを作ってみることにしました。

特殊な材料は使っていないですし、製作の難易度がそれほど高くなさそうなのでそのうち作ってみようと思っていましたが、先月のCW勉強会でOMさんが持っていたVCHアンテナの実物を見て、そのコンパクトさに惹かれ、製作してみようと思いました。

まずは、材料集めですが、まず肝心の釣竿ですが、CQ誌に材料の入手先も書かれておりました「白滝渓流III」を通販で購入しました。

続きを読む "VCHアンテナの製作"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

2アマ受験・・・の結果

4月に受験した、2アマの試験結果通知が届きました。

受験については、こちらの記事に書いたとおりですが、特に無線工学でヤマをハズしまくってかなりの苦戦をしたものの、その後公表された解答と答え合わせをした限りでは、不安だった問題も意外と正解でした。あとは、マークシート等の解答そのものでポカミスをしていなければ・・・というところでしたが・・・。

おそるおそる、通知のはがきを開けてみると・・・「合格」でした。sun

続きを読む "2アマ受験・・・の結果"

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

CalKeyer製作

連休を利用して、キーヤーを製作してみました。

といっても、キャリブレーションから発売されているCalKeyer2という、部品付きのキットです。製作時間はケースの穴あけを含めても、2、3時間くらいでした。非常にお手軽です。

まだ、これを実際にリグに接続して交信はしていませんが、手軽にCW送信の練習にも使えて結構便利です。

続きを読む "CalKeyer製作"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »