« ALL JAコンテスト2008 | トップページ | 2アマ受験・・・の結果 »

2008年5月 6日 (火)

CalKeyer製作

連休を利用して、キーヤーを製作してみました。

といっても、キャリブレーションから発売されているCalKeyer2という、部品付きのキットです。製作時間はケースの穴あけを含めても、2、3時間くらいでした。非常にお手軽です。

まだ、これを実際にリグに接続して交信はしていませんが、手軽にCW送信の練習にも使えて結構便利です。

Calkey_kit

↑購入してきたキットと箱です

そのまま作ってもいいのですが、今回、以下のところをオリジナルとちょっと変えてみました。

・オリジナルでは単5電池のホルダーが付属していましたが、電池の入手性と交換の容易性を考えて単3電池の外付け電池ボックスにしました
・消費電力が少ないとのことで電源スイッチがありませんでしたが、電源スイッチ付きの電池ボックスを利用しました(エネルギーは大切に^^)
・リグに接続した際には、リグからも発振音が出ると思われるので、ブザーのON/OFFスイッチを追加しました

基板に部品をはんだ付けし、箱に穴を開けて部品を取り付けて配線を行いました。その状態で動作確認を行いました。

Calkey_test

↑動作テスト中です

動作は問題なさそうなので、箱にフタをしてラベルを貼って完成です。

Calkey_box

↑完成です。電池ボックスはマジックテープで本体に貼り付けました。

自作キットとしてはかなり初心者レベルかと思いますが、キーヤーとしても比較的CW初心者を対象としているのか、スピードは遅めでした。当局のようなド初心者でも、スピードのボリュームは、上の写真のように半分以上まわさないと、ちょっと・・・という感じでした。固定抵抗の値を変えることで、全体的なスピードの変更ができるようですが、ボリュームをまわし切ると、非常に速いので、当局にはこのくらいでちょうどいいのかな、と思っています。

CW送信の練習や、キーヤーが内蔵されていないリグ(FT-690mkIIなど)用に使っていきたいと思います。

なお、CQ誌の来月号も、キーヤーの製作がメインの特集で、基板付きとのことです。こちらはメモリー付きで機能が多いようで、これも楽しみです。

|

« ALL JAコンテスト2008 | トップページ | 2アマ受験・・・の結果 »

コメント

素晴らしい出来栄えですね。
仕上げの良さはお人柄を表しています。
僕は山を越えると後片付けや後始末がとっても面倒になる性質なので、回路が動くとあとは雑です。そして工具類の片付けは・・・何日も後になったりします。(^^ゞ

投稿: JO1KVS | 2008年5月 8日 (木) 22時22分

KVSさん、

とんでもないです。私も結構雑ですよ。ケースの穴あけも非常に適当で、穴を開けたあとに部品同士が干渉してしまって装着できないこともしばしば・・・。
そんなときは黒ビニールテープを貼ってごまかしてます。
今回のキーヤーも、間違った穴あけが1ヶ所あったり、丸い穴が楕円形(そうしないと2つ穴部品が入らない)だったりしてます~。coldsweats01

投稿: jo1quf | 2008年5月 9日 (金) 01時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209852/20809621

この記事へのトラックバック一覧です: CalKeyer製作:

« ALL JAコンテスト2008 | トップページ | 2アマ受験・・・の結果 »