« CQ誌5月号 | トップページ | CalKeyer製作 »

2008年4月29日 (火)

ALL JAコンテスト2008

4月28日~29日に行われた、ALL JAコンテストに参加しました。

昨年の11月頃よりコンテストに参加するようになってから、初めての24時間規模のコンテスト参加でした。しかし、29日の昼間に用事が入ってしまっていたので、今回もいつもの如く、空いている時間を使っての参加賞狙いです。

それでも何か目標が欲しいので、今回はすべてCW交信(つまり電信部門です)での参加にしようと思いました。

28日夜、風呂から上がったらすでに21:00を過ぎていました。いつもながらの遅刻参加です。リグの電源を入れて、ワッチするとCQ TESTがいくつか聞こえます。が、コールサインやレポートは速くて取れない局がほとんどでした。と、いうわけで、今回も受信サポートにTNCさんを召喚しました。

ところが、今回なぜかTNCで解読が動作しません。電源を入れなおしたり、ケーブルを挿し直したり、フタを開けて中をチェックしたりしているうちに、動作するようになりました。こんなことをしている間に、さらに1時間ほど過ぎてしまいました。

まずは、夜間ですし、3.5MHzは出れないので50MHzから始めました。50MHzで何局かやったらHFもやろうと思ったのですが、結局50MHzで何局かやっているうちに夜中の2時をまわり、眠くなったので寝てしまいました。

29日は、10時ころから再開しましたが、まずは昨夜の続きで50MHzから始めました。このまま、50MHzのシングルバンド部門での参加にしようかと一時思ったのですが、50MHzだと、もうほとんどの局とQSO済みであり、CQを出さない限り局数は稼げそうもない感じです。

昼前から夕方まで用事のため中断し、16時頃からまた再開しましたが、今度は7MHzをワッチしました。さすがに7MHzは全国の局が聞こえてきますので、未交信局がたくさんいます。が、混信がひどくて、TNCの解読も間違いだらけで、受信には結構苦労しました。コンテストのためには、500Hzよりもっと狭帯域のフィルタがほしいなあと思いました。(FT-920には、もともと500Hzのフィルタしかありませんが・・・)

21MHzと28MHzも数局やって、夜はまた50MHzで未交信の局を探しました。そういえば、バンドが変われば、一度交信した局でもまた交信できるのかな~?と思いましたが、今回は、他のバンドで交信した局は呼びませんでした。

終了間際には、未交信の局が何局が見つかって交信でき、24時間のコンテストが終了しました。今回の結果は以下の通りです。

All_ja2008_score

CW率100%で当初の目標達成ですが、局数が100局を超えたのも、当局にしてみれば達成感の大きいものでした。また、すごく速い局は到底受信できませんでしたが、そこそこの速さの局でも、2、3回聞けばコールやNRは取れました。これは、MorseRunnerの成果でしょうか・・・。happy01

昨年の結果を見ると、順位は下から数えたほうが早そうな場所になるかと思いますが、CW経験値が若干上がった気がするコンテストでした。次の課題はCQを出すことでしょうか・・・!?

今回のコンテストでの交信局数をエリア別にまとめると以下のようになり、全エリアの方と交信することができました。交信してくださったみなさん、ありがとうございました。

JA1 JA2 JA3 JA4 JA5 JA6 JA7 JA8 JA9 JA0 合計
7MHz 3   6 3 2 5 3 2 2 3 29
21MHz 6         1         7
28MHz 5                   5
50MHz 60 1                 61
合計 74 1 6 3 2 6 3 2 2 3 102

|

« CQ誌5月号 | トップページ | CalKeyer製作 »

コメント

お疲れ様でした~。
CWオンリーで100局越え、素晴らしい成果だと思います。かなり度胸が付いたのではないでしょうか?
CWでCQを出すのは、当局にとっても課題です。それも最大の・・・。(^^ゞ
ちなみに同一局との交信ですが、バンドが変われば得点になりますよ。

投稿: オフセット/BBO | 2008年4月30日 (水) 08時52分

コンテストではQSOありがとうございました(^_^)

投稿: ませ1りすか | 2008年4月30日 (水) 11時22分

オフセットさん、

ありがとうございます。度胸というか、後半はほとんど惰性でした(笑)。
なるほどー、バンドが変われば同一局も得点になるのですね。教えていただきありがとうございました。


ませ1りすかさん、

(コールが書かれていませんでしたが、URLから推測しました^^;)こちらこそ、QSOありがとうございました&参戦お疲れさまでした~。昨年はすばらしい成績を残していらっしゃいますね。今年はいかがだったでしょうか?^^

投稿: jo1quf | 2008年4月30日 (水) 23時12分

頑張りましたね~すごいです。
最初の数局を乗り越えるとあとは平気だったのではないでしょうか?。
モールスランナーってこういう交信に役立つと思います。NR?とかAGN?とか慣れますもんね。
それにしても経験値一気にあがりましたね~~。
CWに出てみると、1stQSOの方と多く出会いますね。
今回私はオールSSBでした~~。
60交信くらいですね。

投稿: JO1KVS | 2008年4月30日 (水) 23時14分

KVSさん、

参戦お疲れさまでした~。
MorseRunnerやってると、コンテスト場慣れできますね~。ただ、想定外の状況にぶち当たると対処の仕方がわからずオロオロしてしまいそうです。幸い今回はそういう状況にはなりませんでしたが、同じ局を2回呼んでしまって謝らなければならないときとか・・・。
そういう経験値はまだまだ低いです hi・・・。coldsweats01

投稿: jo1quf | 2008年5月 1日 (木) 07時51分

コールサインはキーボードを全角仮名にしてうつとこうなるのです・・・ (^^;)
コンテストレビューを当方のブログに書きました。お時間ありましたら是非どうぞ。

de JP1LRT

投稿: ませ1りすか | 2008年5月 1日 (木) 10時01分

ませ1りすかさん、

な、なるほど!
すると当局の場合は、「まら1たなは」でしょうか。なんだか語呂がいまいちですね・・・(笑)
ブログ拝見させていただきました。50MHzで6、8以外のエリアと交信されたようですね。すっごい~ですね。
当局は、記事のとおりほとんど1エリアしか聞こえません(マルチ頭打ち)でした~。

投稿: jo1quf | 2008年5月 1日 (木) 20時56分

 コンテスト用のロギングソフトを使うと、コールサインを打ち込んだ瞬間に2度目かどうか表示が出ます。
 CTEST-WinとかZ-logとか便利です。CWも送信できちゃいますので使い方覚えるといいですよ~。
 しかも集計から電子申請まで簡単に出来ちゃいます。
 ハムログでも過去ログが全部出るのでそこそこ役に立ちます。
 今回自分は気合が足らず、最初からハムログに打ち込んでました。
 電子ログまで作るのにHLTSTを使ってやりますが、ちょっと手間がかかります。

ませ1りすかさん、
 私は、欧文を和文読みしているのかと思っていました。

投稿: JO1KVS | 2008年5月 1日 (木) 22時43分

KVSさん、

コンテストではいつもzlog使ってまして、コール聞き取り→zlogに入力してみてダブリチェック、とやってるんですが、入力タイプミスして、OKと思ったのがダブリだったり・・・(電話でしたが、やっちゃったことがあります・・・hi)。OKだと自信持って呼んだだけに、ショックでオロオロです。coldsweats02
あと、zlogのCW送信機能はぜひ使いたいと思ってます。今までは必要なかったのですが、コンテストでのCW率が高まってきましたので本腰入れて使い方を覚えたいと思っています。(・・・と考え始めてはや2ヶ月、だったりしますが)

モールスの欧文を和文読みですか~。それだと当局は「をれ1ねうち」ですね。(合ってるかな?)当局の場合はキーボードのかな打ちより、こっちの方が語呂いいかも~。何かで使おうかな~。happy01

投稿: jo1quf | 2008年5月 2日 (金) 06時28分

QUFさん、自分は入力が仮名入力なんです。時々全角にしたまま打ってしまいまして・・・ で しょっちゅう ませぬりすか としていた事からブログタイトルにしました。

KVSさん、コンテストではありがとうございました。またよろしくお願いいたします。

投稿: ませ1りすか | 2008年5月 2日 (金) 07時33分

ませ1りすかさん、

なるほど~、キー入力が仮名入力なんですね~。そこでご自分のコールサインのカナ打ちをタイトルやニックネームにしてしまうのは、すばらしいアイディアですね^^

投稿: jo1quf | 2008年5月 6日 (火) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209852/20654898

この記事へのトラックバック一覧です: ALL JAコンテスト2008:

« CQ誌5月号 | トップページ | CalKeyer製作 »