« 東京UHFコンテスト2007の結果 | トップページ | APA-4のSWR調整 »

2008年3月 3日 (月)

CW講習会に参加

3月2日に行われた、JARL東京都支部主催のCW講習会に参加してきました。

参加者は定員35名のところ15人程度とやや少なめでした。

まず、開催場所の予約が1ヶ月前にならないとできないので、開催案内が遅めになってしまったとの説明がありました。当局は、JARL東京都支部のホームページで知りましたが、たしかにあとはCQ誌3月号に追加の欄に掲載されている程度ですね。

講習は午前中講義、昼食をはさんで午後実習というものでした。

講習について、技術的な内容は略符号や交信の実例(ラバースタンプQSO)の説明がメインでしたが、実践的な内容や心構えなどについてのお話は有意義でした。たとえば、

 ・実際のQSOを通して実践するしか、上達の近道はない
 ・もう少し上手くなってから・・・などと言わず、今日からすぐに始めること
 ・略符号や交信の順番などは表を作って手元に置いておくと良い
 ・相手の名前やQTHなどは取れなくても気にする必要はない(QSLカードでわかる)
 ・長く続けるには和文も覚えたほうが良い

というお話は、(一部極端な表現かなとも思いましたが)非常に心に残りました。

実習のほうは、縦ぶれ電鍵での模擬交信やエレキーの使い方など、いくつかのコーナーに分かれて行われましたが、時間的に1つのコーナーしかいられなかったことや、わりと質疑応答の場となってしまい、あまり実習という感じでなかったのが残念でした。

最後に、JF1VKYさんからCWヒヨコクラブの紹介がありました。(これはJARLとは無関係のクラブのようです)

神奈川、東京、埼玉、千葉在住の会員で構成されるCWクラブのようで、MLでの情報交換、OAM、勉強会などが行われているようです。A1 Clubのローカル版という感じでしょうか。共通の目標を持つ人たちの集まりですし、こういうのに参加するのも、モチベーションを高めるには良さそうです。

Cw_text_20080302

↑講習会でのテキストなどです

|

« 東京UHFコンテスト2007の結果 | トップページ | APA-4のSWR調整 »

コメント

お疲れ様でした~。
そうそう、上手くなってからではなく、相手のコールが分かったら呼んでみましょうね。
自分で受信できる速度で・・・・。←見栄を張ると失敗の元。。。当局実証済み。^^;
A1クラブは敷居が高いので、CWヒヨコクラブ、非常に気になります。情報がありましたら是非、教えて下さい。

投稿: オフセット/BBO | 2008年3月 3日 (月) 22時30分

 実際に交信を重ねること、確かに上達の近道ですね。実交信での緊張感と真剣度は自習の比ではありませんから~。(笑)
 交信を録音しておくのはいいかもしれません。
 講習会に参加した意欲はたいしたものです。
 頑張ってQSOしましょう~。

投稿: JO1KVS | 2008年3月 4日 (火) 00時34分

オフセットさん、

初心者が受信できる速度でCQ出している局も、なかなかいないですよね~。ある程度の背伸びは必要かもしれません。bearing
CWヒヨコクラブのML登録アドレスなどは、資料に書いてありますが、ここで公開して良いものかわかりません。メールアドレス教えてくだされば、詳細をメールしますよ^^(メールアドレスは、コメントするときにメールアドレス欄に書いて下さるか、私宛てメールください)


KVSさん、

楽して上達できる方法を教えてもらえないか?と期待して参加してみましたが・・・coldsweats01 やはり実践あるのみだそうです。ガンバリマス!

投稿: jo1quf | 2008年3月 4日 (火) 01時51分

当日、説明をさせて頂きましたJF1VKYです。
諸先輩方の熱心なご指導があったので、敢えて言いませんでしたが、個人的な意見としては、縦振れにこだわる必要はないと思います。うまく打てないからと言ってCWデビューを躊躇されるくらいなら、簡単にできるエレキーをお勧めします。私自信も、エレキーのお陰で何とか少しはできるようになったと思っていますし、うまくなってから、改めて縦振れに取り組んでも良いと思います。

CWヒヨコクラブは、神奈川支部主催のCW講習会に参加したメンバーの有志が集まって作ったものです。
講習会講師の西山OMや、他のOM方のご協力の下、毎月1回、神奈川県大和市の大和生涯学習センターでの勉強会(模擬交信等)と、毎週土曜日に144MHzもしくは430MHzでOnAirMeetingと称してショートQSOを行っています。
CWを楽しみたい方でしたら、どなたでも結構ですのでよろしかったら、ぜひ、ご参加下さい。

投稿: JF1VKY | 2008年3月 4日 (火) 22時48分

VKYさん、

当局もエレキーを持っていますが、操作ミスが結構あって、縦ぶれの方が簡単ではないかと思っていましたが、・・・講習で縦ぶれで操作してみて、こっちはこっちでなかなか難しく、やはりエレキーのほうがまだ楽かも、と思いましたhi。coldsweats01
CWヒヨコchickクラブの解説ありがとうございます。先ほど、西山OM宛てにML登録の依頼をしました。仕事や時間の関係で、いろいろなイベントに参加できないことも多いかと思いますが、モチベーションを高めてスキルアップさせていただきたいと思っています。よろしくお願いします。happy01
あと、本ブログでCWヒヨコクラブについてどこまで公開して良いかわからなかったので、中途半端な紹介をしてしまいました。申し訳ありません。CWヒヨコクラブについて、メールで問い合わせがあった方にはわかる範囲で情報提供していこうと思いますが、何かガイドライン等ありましたらお教えいただけると幸いです。

投稿: jo1quf | 2008年3月 5日 (水) 01時49分

CQ出されている局の速度に合わせる必要はないですよ~。自分が受信できる速度で応答すれば良いのです。先人の方々はQRSしてくれるケースが多く、助かっています。
CWヒヨコクラブのOAMは神奈川ですか・・・。当局とは相性が悪い地域ですので、電波が届くかなぁ?かなり不安ですが、一応情報をメールして頂ければ幸いです。(連盟のメアドはこれで良かったと思うのですが・・・)

投稿: オフセット/BBO | 2008年3月 5日 (水) 22時18分

オフセットさん、

当局の受信スキルが低いですので、コールを取れるくらいゆっくりCQ出してくれる局がいてくれたらな~と思ったりしてます。coldsweats01
あと、CWヒヨコクラブの件メールしておきました。オフセットさんもぜひご参加を・・・happy01

投稿: jo1quf | 2008年3月 6日 (木) 00時45分

 CQを出すと、通信速度をこちら側でコントロールできますよ~~~。
 先の交信であらかたメモる手が使えないので聞き取り必死ですけど。
 超ゆっくりなくせに、GA 5NN BKなんてやってもいいんですよ。案外人気殺到するかもしれません。
 CQの中にJCCを入れると599BK野郎だということもわかります。
 それにCWデビューということは、ほとんどがファーストQSO。カード好きな人は常にファーストを求めてさまよっているので、たくさん呼んでくると思います。
 MorseRunnerというソフト、すごくためになります。是非お試しください。

投稿: JO1KVS | 2008年3月 7日 (金) 16時19分

KVSさん、

やはり聞き取りがある程度できないとCQ出すのは無謀かな~と思ったりしています。自分が恥をかくのはガマンすればいいのですけど、相手の人に迷惑かけちゃうと・・・。
「初心者ですよ~、何度も聞き直しますよ~、それでもよければ呼んでください~」っていうCQの出し方は無いものでしょうかね~??coldsweats01

投稿: jo1quf | 2008年3月 8日 (土) 10時03分

超遅いCQでその雰囲気は出せますよ~。
先にカンニングできない交信は実力アップに最も効果的ですよ~~。
確かに怖いですね。 (^^)

投稿: JO1KVS | 2008年3月 8日 (土) 17時59分

KVSさん、

なるほど、超遅いCQで相手も超遅く呼んでくれれば何とかなるかもしれません。あ、でも2局以上から呼ばれたらやっぱり取れないかも。・・・やはりMorse Runnerで練習しておく必要がありますね!happy01

投稿: jo1quf | 2008年3月 9日 (日) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209852/10892978

この記事へのトラックバック一覧です: CW講習会に参加:

« 東京UHFコンテスト2007の結果 | トップページ | APA-4のSWR調整 »