« CQ誌4月号 | トップページ | 今週末のCW交信 »

2008年3月23日 (日)

3月23日CW勉強会

先日開催された、JARL東京都支部の「CW講習会」に参加した際に紹介がありました、「CWヒヨコクラブ(CHC)」ですが、モチベーションの維持やスキルアップのために、その後入会させていただきました。

クラブの活動としては、週1回のOAM(On Air Meeting)や月1回の勉強会などです。OAMも、今のところ1回だけですが参加させていただき、コンテスト以外での初めてのCW交信を体験できました。

本日3/23は、CW勉強会が行われましたので、初参加してきました。

クラブの活動についての議論が行われたあと、発振器から音を出してキー操作の練習する人、実際に電波出してQSOする人、わからない事を質問したり答えたりする人など、自由行動的な場となりました。

当局は、受信の練習をしたかったので、符号を打ってもらってそれを受信する練習をさせてもらいました。いわゆる講習会のような堅苦しいものではなく、遊び感覚の楽しい時間でした。

実際のQSOは、教室の窓から突き出したポールでワイヤを垂らしたアンテナを、ATUで同調させて7MHzにQRVしていましたが、CQを出してパイルを捌くところを見せてもらいました。よくよく考えると、CWでのこういう交信を目の前で見るのは初めてです。そのスピードにはとてもついていけませんでしたが、何より驚いたのは、みなさんCW始めて1年とか1年半くらいでここまでできるようになった、とのことでした。

当局は、自分自身が1年半後にあれほどになっているとはとても信じられませんが、続けていればなれるかも!と思うと、

「よーし、がんばるぞ~」

という気持ちになりました。

受信練習もさせてもらって、楽しいひとときであると同時に有意義な勉強会でした。今後、移動運用なども予定されており、非常に楽しみです。

|

« CQ誌4月号 | トップページ | 今週末のCW交信 »

コメント

 こういった機会に足を運ぶというだけでもすばらしいです。
 じゃんじゃんQRVしましょう。
 ゲームじゃないけど、経験値が一番重要かもしれませんね。

投稿: JO1KVS | 2008年3月24日 (月) 21時00分

KVSさん、

勉強会でOMさんとの話も、「講習会を何度受けても上達しない。やっぱり実践にどんどん出ることだ」とのことでした。まずは自分用のラバスタ文章を作るように勧められましたので作成中です。
経験値というのはわかりやすいですね。実践で経験を積むとどんどんレベルアップしていくイメージでしょうか。happy01
でもいきなり失敗してダメージ受けすぎて戦闘不能・・・とか。coldsweats02

投稿: jo1quf | 2008年3月25日 (火) 01時08分

ダメージ・・・
時として起き得るかもしれません。
私も交信直後メール送って下手くそぶりをお詫びした経験があります。
何度も聞きなおす、QRSを要求する、は堂々とやっていいので頑張りましょう。
経験値アップです。 (・ω・)b

投稿: JO1KVS | 2008年3月25日 (火) 23時56分

KVSさん、

うひ~、やはりダメージ負うこともあるんですね~。
「失敗を経験しながら上達していく」とも良く聞きますが、やはり経験値を得るためには、時には失敗も避けられないのかもしれませんね。
ガンバリマス!!

投稿: jo1quf | 2008年3月26日 (水) 02時25分

はい、でも怒られたとか注意されたのではなくて、自分で失敗したなぁと勝手に思って、一言伝えたかったのでメールしただけでした。先方は、全然普通でしたよ~って返信してくれました。

ラバスタのあんちょこさえ手元にあれば、コールサイン、RST、QTH、ハンドルネームさえ押さえればあとは大丈夫。
つまづいた文字は聞き飛ばす、という技も便利です。
□□E CU AGN
と来たら、□□はHPだな、ってあとでもわかりますので。

投稿: JO1KVS | 2008年3月26日 (水) 21時01分

KVSさん、

受信中に一度つまずくと、しばらく復帰できないんですよ~。2文字くらいの脱字なら推測できそうですが、当局の場合はあっと言う間に10文字以上空白になってしまうのが現状です・・・。
最近、実際の交信を聞いていて、よく出てくる単語は音のパターンでわかるようになってきました。CQ、DE、599、5NN、73、TUなどです。(短いのばっかりsweat01
でも、コールサインとかQTHのような、いわゆる固有名詞は何が来るかわからない状態で、LとF、XとPのような紛らわしいのが来るとつまずいちゃいます・・・。
まだまだ修行が足らないワタシデス。gawk

投稿: jo1quf | 2008年3月27日 (木) 01時32分

CQ、DE、599、5NN、73、TUが分かれば、JCC/JCGサービスの局長さんに応答して見ましょう!
コール、QTHは何度も連呼していますのでコピーできると思います。
送信する度胸?はつくと思います。

投稿: オフセット/BBO | 2008年3月27日 (木) 06時22分

確かにつまずくと、どこから復調を開始していいのやら真っ白になりますね~。
聞きなれたCQとかも、きちんと、C Q と拾っていくといい練習になります。
他局の交信をどんどん書き取る(タイプでもOK)修行は結構効きますよ~。
私も頑張らねば~!!

投稿: JO1KVS | 2008年3月27日 (木) 08時07分

オフセットさん、

そうですね、スキルも必要ですが、最後はやっぱり送信する「度胸」でしょうか。慣れるためにも、やっぱり実践あるのみ!ですね。happy01


KVSさん、

受信練習も意味のない文字列を繰り返すテープ聞いているより、他局の交信のほうがよほど楽しいですね。ただ、スピード速かったり、わけわかんない(きっと和文?)交信だったり、ちょうどいいお手本がなかなか見つからないのが玉にキズです。coldsweats01

投稿: jo1quf | 2008年3月28日 (金) 01時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209852/11710290

この記事へのトラックバック一覧です: 3月23日CW勉強会:

« CQ誌4月号 | トップページ | 今週末のCW交信 »