« CQ誌3月号 | トップページ | 東京UHFコンテスト2007の結果 »

2008年2月24日 (日)

APA-4 SWRの謎・・・

APA-4を設置して1週間になります。平日はほとんどQRVできないので、今週末は新しいアンテナで7Mやら21Mに出ようと楽しみにしていました。

ところが、先週、アンテナ給電点近くで簡単にSWRを見たところ、28Mの高いところ以外はバンド内SWRは1.5以下に治まっていたはずですが、今週リグ近くであらためてSWR計で見ると、7Mは確かに1.5以下ですが、21Mや28Mは2.0~3.0あたりを示しています。

ケーブルの長さが影響しているのかと、もう一度給電点近くでSWR計を使って測ると、やはり21Mや28MはSWRが高いです。先週測り間違えたか、この1週間で何か特性に影響することがあったのかな・・・? いずれにしても7Mは良いのにハイバンドが悪いのはよくわかりません。

さて、折りしも先週通販で、かねてより欲しかったSWRアナライザを購入しました。本日、それが届きましたので、さっそくそれで見てみましたが・・・・、何と言うことか、7MHzは全域にわたってSWRが無限大を示しています。coldsweats02

21Mや28Mは、最低となるところで2.0前後と、SWR計で測ったときと大差ありません。

Apa4_swr_ng

↑SWRアナライザでAPA-4のSWRを測定

21Mや28MでSWRが下がりきらないのは、アースが弱いのかもしれません。リグ内蔵のアンテナチューナは同調とってくれるので、使えないレベルではないですが、性能出すためにカウンターポイズなど、今度試してみようと思います。

が、7Mの挙動は理解できません。SWRアナライザでは無限大なのですが、SWR計は1.5以下です。リグのSWR表示にいたっては1.1を示しています。

実際、7MでQSOしてみると、ちゃんと59のレポートが返ってきますので、SWRアナライザの表示がおかしい(もしくは測定方法がおかしい)可能性が高いと思いますが、それにしてもの動きです。

ところで、今週末は非常に風が強かったです。APA-4が飛んでいってしまわないかやや心配でしたが、なんとか大丈夫でした。happy01

|

« CQ誌3月号 | トップページ | 東京UHFコンテスト2007の結果 »

コメント

いろいろと新しい問題が起きてますね。
そこがHFの面白いところでもあります。
アースがまだまだ確立していないのかもしれませんね。
20mの電線を数本(少し長さ違うとなお良いです)、APA-4のアース側に付けてベランダ這わせてみてください。無造作でいいです。これは主に7MHz対策です。21や28にはまた別の長さ(約1/4波長)の電線をくっつけておきます。くらげの足のような感じになりますが、無駄にはなりませんのでお試しください。
それと、既存の手すり(金属部分)に銅テープ貼って、APA-4のアース部分に最短でつなぐとさらに良いでしょう。

アナライザ、高かったんじゃないですか??
僕も買うときは結構思い切った買い物でしたが、これがあるとワイヤー系のアンテナ作るの本当に楽になりますね。
7の挙動は変ですね・・・。
(電源スイッチの上の黄色いスイッチは、押さない状態のほうが使いやすいですよ。)
 リグのそばではどんな動きですか?

投稿: JO1KVS | 2008年2月24日 (日) 23時30分

KVSさん、

APA-4の取説にもカウンターポイズの張り方など少し書かれていますので、参考にやってみようと思います。それで効けばいいのですが・・・。

アナライザは高いですね~。gawk
たしかに思い切りが必要でした。でも、家にしろ、車にしろ、自作にしろSWR測る機会は多いように思いますので、買って損はないかなと思い切りました。
でもAPA-4でこんな挙動となるとは・・・悩みが増えてしまいました・・・hi。coldsweats01

投稿: jo1quf | 2008年2月25日 (月) 07時44分

なんだかなぁー
という感じですね
アースなんですね

私は面倒なので
HFはV-DPで出ています
アルミの板などを直下に付けてもいいかもしれません
どちらにせよ、アバマン族は苦労しますね

投稿: ja1sky | 2008年2月28日 (木) 11時29分

skyさん、

いままでHFモービルアンテナでベランダでのアースはバッチリと思っていただけに、今回のアースが足りないような状況はちょっとショックだったりします。bearing
でもこういう苦労は楽しいのも確かです。
がんばって何とか克服したいと思います。happy01

投稿: jo1quf | 2008年2月29日 (金) 00時24分

給電部にコモンモードフィルター兼バランを入れると良いかもしれません。
これでアンテナが他の影響を減らしてアンテナ本来の動作になりますし、インターフェアも防げます。
こちらが参考になります。
http://www.geocities.jp/jg2tlg_jq2pec/musen/apa4/apa4.html
トロイダルコアは3~5回巻けば十分です。パッチンコアを数個付けても効果ありです。
これでリグとアナライザとの差は解消するかもしれません。

投稿: JO1KVS | 2008年3月 8日 (土) 09時01分

KVSさん、

情報ありがとうございます。
教えていただいたHPはAPA-4購入検討時にも参考にさせていただきました。最終的には、この方のようにフロートバランを入れようと、フェライトコアは購入済みですが、まだ試していません。この週末にでも試してみようと思います。ほか、ミニマルチアンテナさんからも、SWR改善のための情報をいただいていますので、いろいろ試してみる予定です。
この方のHPに記載されているようなSWR特性目指して試行錯誤中です・・・wink

投稿: jo1quf | 2008年3月 8日 (土) 09時51分

こんばんは(^^)/

はじめまして、SWRアナライザの事で調べていたらたどり着きました。

私も同じAPA-4使用して、本日購入したSWRアナライザで調べてみました。私の所ではベランダがアースされていないので、カウンターポイズ入れて7MHzだけ使えるようにしてあります。我が家ではSWRアナライザと同じ感じでした。

フロートバランは入れようと思いつつまだ作っておりません(^^;)

投稿: JL1LYT | 2008年4月22日 (火) 21時28分

LYTさん、

はじめまして。コメントありがとうございます。
LYTさんのブログも拝見させていただきました。当局と同じ、BR-510Dをご購入されたようですね。当局は430Mのアンテナを作る機会が多そうなので、この機種を選びましたが、アンテナの調整に非常に重宝しています。クラニシが廃業してしまったのはショックでしたが・・・。coldsweats02
APA-4ですが、このアンテナはアースの影響はてきめんに出てしまいますね。当局もいろいろ苦労しました。ただ、メーカーさんのサポートは特筆もので、いろいろ質問すると、翌日にはメールなり電話なりをくれました。カウンターポイズについてもいろいろアドバイスをいただきましたので、もし他のバンドでのSWRに苦労されているようでしたら、相談してみるのも良いかと思います。
SWRアナライザやAPA-4絡みで、いろいろ情報交換できるとうれしいです。
今後ともよろしくお願いします。happy01

投稿: jo1quf | 2008年4月23日 (水) 01時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209852/10732396

この記事へのトラックバック一覧です: APA-4 SWRの謎・・・:

« CQ誌3月号 | トップページ | 東京UHFコンテスト2007の結果 »