« オール埼玉コンテスト2008 | トップページ | JARL会員局名録 »

2008年1月20日 (日)

CQ誌2月号

CQ誌2月号を購入しました。

今月号の特集は、HFトランシーバ選択ガイドです。昨年3月号でも似たような特集があったので、正直なところ「またか・・・」と思いましたが、昨年と違い、今回は各機種毎のユーザレポート風にまとめられています。どの記事も良いところの紹介しか書かれていないのがちょっと気になりましたが・・・筆者のみなさんはそれぞれのリグに思い入れがあるのでしょうね。現行HF機がほとんど網羅されているので、参考になります。新リグを買いたくなってしまいます^^

当局も持っている、FT-897Dの記事を書いているのは、中学1年生のジュニアハム君です。この記事を見ると・・・

「最初はいいけど、だんだん重くなり、・・・」   →うんうん、そうそう。同感!
「軽くて持ち運びやすい」   →うぅ~、先日高尾山に持って行ったとき、私には重くて筋肉痛になっちゃったよ~。年のせい?(涙)
「電池パックが途中で切れてしまうことがあり・・・」  →うんうん、全くその通り!!

・・・と重さを除き、かなり共感できました。hi

モールス通信AtoZ正確な符号の話です。例外として、"HEE"と気持ちを込める打ち方もあるとのこと。当局は送信中そんな余裕はないです・・・というか、意図せず正確でない符号が出ているかも・・・という状況ですが、単調なモールス符号のなかにもこういう感情表現があるんですね~。知りませんでした~hee

2月から、またJA1YCQ/1局によるQRS CQが出されるようです。昨年12月は交信できるレベルまでいけませんでしたが、今回はがんばって交信に挑戦してみたいです。

ユーザレポートにスウェーデンキーの記事がありました。こんなキーを使えば、たちまち上達しそうな気分です。欲しいなあ・・・・と思う反面、きっと当局には宝の持ち腐れで終わりそうです。

先月号に引き続き、RC-D710のユーザレポートは他社リグとの接続記事がメインでしたが、ICOMのトランシーバとの接続での工夫や、テストで気づいたこと等は貴重な情報でした。

ほか、144MHz用のMLアンテナ製作記事はおもしろそうです。今年は、これを作ってみたくなりました。

今月号は、個人的に、なかなか興味を引く情報が満載で良かったです。

|

« オール埼玉コンテスト2008 | トップページ | JARL会員局名録 »

コメント

 こんにちは。私も昨日買って一通り眺めてみました。
 スウェーデンキーは欲しいですね。在庫限りうんぬんありましたが、そういわれると急いで欲しくなります。
 縦ぶれ電鍵では結構感情を込めます。最近はあまり聞きませんが、ファイナルのところでは感謝と再会を願い、
 GB GL 73 TU TU SK E E
 のあたりはだんだんと速度を落とし、長点をなが~~くして終わる、なんていうのはみんなやってました。ここは個性を出す場面、それぞれ特徴がありました。たとえば、そこまで遅くなるかーってくらい遅くなったと思ったら E E だけ超高速で、ずっこけてしまうのとか。
 縦ぶれのいいところでもありますね。特にパドルと違って間違えて送ってしまう、ということが少ないですから、その点は良いです。

投稿: JO1KVS | 2008年1月20日 (日) 09時01分

KVSさん、

なるほど~、縦振れには感情を込めやすい特徴があるんですね~。スウェーデンキーとまではいかなくても、縦振れ電鍵を近々何か購入しようかと思います^^

投稿: jo1quf | 2008年1月21日 (月) 23時45分

FT-897が軽くて運びやすい・・・、当局は817でさえ重かったのに、若いって良いですね^^;
フラッグシップの記事は目に毒でした~。

投稿: オフセット/BBO | 2008年1月22日 (火) 00時30分

オフセットさん、

897が軽く感じるのは、やはり若さですかね~^^; しかし、817が重いとなると、あとはハンディしかないかも~~(笑)

投稿: jo1quf | 2008年1月22日 (火) 01時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209852/9975458

この記事へのトラックバック一覧です: CQ誌2月号:

« オール埼玉コンテスト2008 | トップページ | JARL会員局名録 »