« CW送信の練習 | トップページ | CQ誌1月号 »

2007年12月 6日 (木)

CW送信の練習(2)

前回に引き続き、パドル操作の練習中です。

前記事のコメントでも書きましたが、TNC初期設定の15WPMでは操作ミスが多いので、10~12WPMまで落として練習しています。が、それでもまだよく間違えます。指を離さないといけないところで、思うように指が動きません

楽器を演奏するのが上手な人や、リズム感に長けている人はきっと上達が早いんでしょうね。

当局には縁のない話(涙;)・・・と思いながら練習に励んでおります。

さて、パドルの操作自体はいわば自己流で、正しい符号の音が出ればそれで良いと感じでやっておりますが、正しい打ち方、特にスクイーズの正しい使い方ってどうすればいいのかというのが疑問になってきました。

ネットで探してみると、GHDキーさんのホームページに「モールス通信入門」という動画を集めたページがありました。その中の「エレキーの基本操作法」に各アルファベットの打ち方があり、親指と人差し指をどういうタイミングで押したり離したりするのかの解説を見ることができました。何と言っても動画なので、実際の操作がわかりやすくてとてもFBでした。

ただ、実際にそこで解説されている通りにやってみましたが、自己流に慣れてしまっているせいか、操作ミスが大幅に減ったということはありませんでした(特に"L"がうまく打てないです・・・)。でも、当面はこの通りに練習してみようと思います。

このページには、ほかに受信練習や交信の実践法などの解説もあり、当局のようなCWデビューを目指している人にとってはとても参考になる情報満載でした。

GHDキーさんにはたいへん感謝です^^ 活用させていただきます。

それにしても、受信のほうが、まだスキル不足なのか、テープの音はそこそこ取れるようになってきたものの、実際の交信を聞くと、すぐに頭が真っ白になり全然取れません・・・。

PSE QRSとかAGN?を確実に打てるように練習しておかないとまずそうです・・・。デビューはいつのことか・・・

|

« CW送信の練習 | トップページ | CQ誌1月号 »

コメント

GHDさんの動画、私も参考にしました。あとはA1クラブさんのHPですね。
スクイーズは難しいですねぇ。HI。特に慌てると顕著で、HHの連発となって皆様にご迷惑をかけておりまっす。そんな時は結局、スクイーズを止めて送信します。^^;
実際の交信は、個性溢れる符号も多いので、慣れるしかないんでしょうね。
デビュー目指して頑張って下さい!

投稿: オフセット/BBO | 2007年12月 6日 (木) 23時30分

オフセットさん、
A1クラブさんのHPも情報満載ですね。非常に参考になります。ありがたいことです^^

スクイーズは、おそらく使いこなせれば、使うほうが楽、ひいては高速に打てるようになるのかな、と思って練習しておりますが、おっしゃるとおり難しいですね。"C"あたりは楽な気がしますが、"F","L","Q","Y"あたりはスクイーズにしないほうが楽な感じです。最終的には自分の使いやすい形で落ち着くのだとは思いますが・・・。

しばらく修行してみます^^;

投稿: jo1quf | 2007年12月 7日 (金) 01時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209852/9271211

この記事へのトラックバック一覧です: CW送信の練習(2):

« CW送信の練習 | トップページ | CQ誌1月号 »