« 家のHFアンテナ強化!? | トップページ | CQ誌11月号 »

2007年10月21日 (日)

家のHFアンテナ強化(?)の結果

家で使っている、HFモービルアンテナCM-144W7に、デルタマウントを使ってオプションコイルを4本装着したときのSWRを測定してみました。

前回の記事でも書きましたが、装着したコイルは、7M/18M/21M/28Mの4つで、それに本体エレメントの50Mを加えて5バンド化を図ったものです。

結果としましては、残念ながら期待を裏切られてしまいました。(´・ω・`)

測定したSWRのグラフは以下のようになりました。

Cm144w7swr_5band_3

↑画像サイズが大きいので、右クリックして、「リンクを新しいウィンドウで開く」を選んでで見てください

なお、比較用に今まで(4バンドの頃)のSWRも青い点線で記載しました。

これを見ますと、恐れていたとおり50Mの共振点が高い周波数にずれてしまったようです。52M~54MHzあたりが実用帯域となってしまいました。う~む・・・。

オプションコイルの取り付け方によっても特性が変わるらしいので、まだ調整の余地はあるかもしれませんが、とりあえずは、ベランダにもう1本立てているGPアンテナで50MにQRVできるようにしています。

しばらくこれで運用してみようと思います。せっかく入手したデルタマウントなのですが、元の4バンド仕様に戻すことになるかも・・・(50M次第かなあ)。

|

« 家のHFアンテナ強化!? | トップページ | CQ誌11月号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209852/8535166

この記事へのトラックバック一覧です: 家のHFアンテナ強化(?)の結果:

« 家のHFアンテナ強化!? | トップページ | CQ誌11月号 »