« マグネットアースシート(MAT-50)使ってみました | トップページ | 50MHzモービルアンテナのSWR »

2007年4月 4日 (水)

FT-897リモート制御ソフト

FT-897で使える、リモート制御ソフトを試してみました。

使ってみたのは、「Ham Radio Deluxe」と「SuperControl」です。どちらも、LAN経由で離れた場所からの遠隔操作にも対応しているソフトウェアのようです。

まずは、パソコンと、リグのCAT端子を接続した状態で使ってみました。なお、パソコンはPentiumⅢ 400MHzのノートPCで、OSはWindows2000です。RS-232Cポートが無いため、USB<->シリアル変換器を使い、CAT端子へ接続しました。

●Ham Radio Deluxe

FT-897以外に、対応リグがたくさんあるようです。YAESUだけでなく、ICOMやKenwoodのリグにも対応した、汎用性の高いソフトです。当局で所有している、FT-920やIC-706mk2にも対応しているようです。また、無料で使用できます。

インストールして立ち上げると、接続するリグの選択と、COMポートの設定画面が出てきます。ここで、Flow ControlのDTR, RTSへのチェックが必要なようです。

接続すると以下のような画面が出てきました。

(表示サイズが大きいので、画面を拡大表示の際には、右クリック→「リンクを新しいウィンドウで開く」を選んでください)

Hrd_ft897

バンドやモードを変更すると、それに合わせて本体の表示も変わります。ちゃんと制御できているようです^^ 

なお、画面下部にスライド・バーがいくつかありますが、マイクゲインや、DSPのカットオフ周波数の表示・設定が行えます。本体では、メニューの中に入っていかないと現状設定の確認すらできないのが、一目瞭然でわかりますし、ダイレクトに操作できます。

FT-897のような、コンパクトなために操作性を犠牲にしているのが、こうしたソフトを使うことで、中型機なみの操作性を得ることができる可能性があると思います。

が、、、、しばらく使っているうちに異変が・・・・(>_<)

一瞬、表示がめちゃめちゃになり、その後操作がまったくできなくなりました。本体側の表示や動作は特に変わってはいないようですので、なんらかの通信異常が発生したような感じです。もしかしたら、USB-シリアル変換がよろしくないのかも知れません。

●SuperControl

こちらもFT-897以外に対応リグがありますが、YAESU限定のようです。ただし、当局で所有しているFT-920には対応していません。有料ライセンスが必要ですが、試用は無料でできます(時間制限があります)。

立ち上げると、ライセンスに関わるメッセージウィンドウが出て、以下のような画面になります。

Sc_ft897

Ham Radio Deluxeがスライド・バーを主体にしているのに対して、こちらはボタンだらけです。

ConfigurationメニューでCOMポートの設定をし、右上の"CAT ON"ボタンでリグと接続される・・・はずですが、残念ながら、正常に接続されませんでした。いろいろなボタンを押しても反映されず、また、メータの"swr"と"alc-level"が点滅状態でした。

SuperControlは、最新バージョンへupdateするプログラムも公開されていますので、最新化することで改善するかもしれませんが、それはまだ試していません。

また、USB-シリアル変換の問題もありそうですので、まずは通信の問題解決が必要かと考えています。

そんなわけで、まずは使ってみたものの、不安定で実用レベルとはいきませんでした。

リモート制御実現への道は、遠そうな感じ・・・・ですw

|

« マグネットアースシート(MAT-50)使ってみました | トップページ | 50MHzモービルアンテナのSWR »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209852/5966245

この記事へのトラックバック一覧です: FT-897リモート制御ソフト:

« マグネットアースシート(MAT-50)使ってみました | トップページ | 50MHzモービルアンテナのSWR »