« FT-897の内蔵バッテリー | トップページ | CQ誌4月号 »

2007年3月18日 (日)

TH-D7でエアバンド受信

ふだん、アマチュア無線のワッチは行っておりますが、他の無線(エアバンドや鉄道無線など)は今までほとんど聞いたことがありませんでした。

もちろん、専用の受信機などは持っていません。

先日、JN4OUPさんのブログにて「受信機フル活用テクニック」の本を話題を見ましたが、その後本屋さんでその本を見かけましたので、ちょっと読んでみました。

そういえば、FT-897TM-D700は受信改造してある(購入時にお店で勝手にやってくれた)はずだけど、受信改造してあるハンディ機は持っていません。その本の付録には、わが家のTH-D7とかTH-58の受信改造方法も載っていたので、購入してみることにしました。

さて、分解方法やら改造方法が載っているとなると、さっそくリグのフタを開けてみるしかありませんw 患者はTH-D7くんです。

Thd7bunkai

↑あわれ分解されてしまったTH-D7

分解してみると、目当てのチップ抵抗を見つけてしまいました。

ここまできたら、やるしかない!

とハンダごてを取り出し、少々苦労しながらも無事手術完了w

元に戻し、電源を入れてみると、リセットをかけているとのメッセージが1秒くらい表示されて立ち上がりました。「あ!」と思った時にはすでに遅く、ナビトラ関係の設定がすべて消えていました・・・この設定、けっこう面倒なんですw

気を取りなおし、何か受信してみることに。HPで羽田空港タワーのエアバンドの周波数を調べてワッチしてみると、何か聞こえますw どんな内容なのかはよくわかりませんが、とりあえずは改造成功したようです。

アンテナは50/144/430のGPアンテナ(vk610)を使いましたが、自宅でかなり良好に入感しました。

また、TH-D7はFM専用機なのに、AM受信もできるとは知らなかった。改造によりFM/AM設定メニューも出てきました。

Thd7kaizou

こんど都心に行くときは、このTH-D7を持っていって、何か聞いてみようと思いますw

(注)この記事に出てくるTH-D7の分解方法や改造方法は、件の本(の付録)に記載されています。知りたい方は本を購入してください。お問い合わせいただいても回答はできませんので、あらかじめご了承ください^^

|

« FT-897の内蔵バッテリー | トップページ | CQ誌4月号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209852/5733288

この記事へのトラックバック一覧です: TH-D7でエアバンド受信:

» 羽田空港 [羽田空港]
羽田空港関連の記事へのリンク集です。 当サイトからこの記事へリンクさせていただきました。 [続きを読む]

受信: 2007年3月19日 (月) 23時15分

« FT-897の内蔵バッテリー | トップページ | CQ誌4月号 »