« FT-897のSメータ振れ | トップページ | モービル電源配線完了! »

2007年3月 4日 (日)

エディックスのアクセサリー電源

先日より進めております、モービル環境の整備の続きです。

バッテリーから電源を取る際、最も気になるのは、機器の電源を切り忘れてバッテリーをあげてしまうことです。それを防ぐには、カーステレオと同様に、キーをOFFするのに連動して、電源供給を止めてしまうのが有効です。

一般的には、キーのON/OFFに連動するアクセサリー電源で制御するリレーを使うと、これを実現することができます。今回、エディックス(Edix)で、アクセサリー電源の取り出しを行いました。

アクセサリー電源として、車室内のヒューズボックスでキーON/OFFに連動する電源を探し、そこから取り出すことにしました。

それにしても、最近の車はヒューズボックスの場所が異様に低く、作業が非常にやり難いですね(´・ω・`) 取扱い説明書によると、27番の15Aヒューズがシガーソケットになっており、使えそうです。ところが、

最も手が届きにくい場所にあるんです、これが!

顔を床にこすりつけるような体勢で、なんとか電源取り出し用のヒューズと交換しました。本来、15Aヒューズを通る前に分岐させる向きで取り付けるべきですが、作業困難な場所だったため、向きは適当です。(もしかしたら、逆かもしれません) が、どうせリレーのコイルをつなぐだけなので、大した電流は流れないハズ。これで良しとしました。

Edix_fusebox

リレーですが、カーショップに売られているもので十分と思いましたが、リグを2台接続すると、どうせ配電盤も必要になると考え、アドニスのPD-30を購入してきて使うことにしました。

Pd30

あとは、エンジンルームから12V電源を引き込んで配線すれば、電源工事は完了となります。

|

« FT-897のSメータ振れ | トップページ | モービル電源配線完了! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209852/5560723

この記事へのトラックバック一覧です: エディックスのアクセサリー電源:

« FT-897のSメータ振れ | トップページ | モービル電源配線完了! »