« CQ誌4月号 | トップページ | マグネットアースシート(MAT-50)使ってみました »

2007年3月26日 (月)

FT-897のリモート操作検討

以前、こちらの記事で書きましたように、離れた部屋からリグをリモート操作することをいろいろ試そうと思っています。

一般的に、リグの操作(周波数やモードの変更、設定の変更、送信ON/OFFなど)、操作結果の確認、マイクの音声をリグに入力、およびスピーカやヘッドホンから受信音声を出力、等をリモートで実行できる必要があります。

接続方法としては、下図のように延長ケーブルによる方法と、家庭内LAN(またはインターネット)による方法があると思います。

Remote897

延長ケーブルでは、離れた場所との距離にもよりますが、信号の減衰やケーブルの処理(廊下をケーブルが這うことになる見映え)が気になります。

また、LANによる方法では、サーバ用とクライアント用の2台のパソコンが必要なのと、それらの設定、知識が必要となります。ただ、ホームページ等で調べてみますと、LANによる方法を採用している例が多いようです。

どのような接続にするかは後々検討することとして、共通で必要なのは、リグを制御・操作するためのソフトウェアです。FT-897に対応したソフトとしては、「Ham Radio Deluxe」や、「SuperControl」があるようです。これらの使い勝手をまず調べてみようかと思っています。

|

« CQ誌4月号 | トップページ | マグネットアースシート(MAT-50)使ってみました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209852/5818763

この記事へのトラックバック一覧です: FT-897のリモート操作検討:

« CQ誌4月号 | トップページ | マグネットアースシート(MAT-50)使ってみました »