« 2月4日ちょこっと移動運用 | トップページ | 家のアンテナ »

2007年2月 8日 (木)

リグのお話 ~移動運用に向けてのHF機~

さて、リグの話も今回でひと区切りとなります。今回登場するFT-897を最後に、その後新たなリグを入手していないからですが、それにしても購入したリグは中古が多いこと。オークションや、中古販売店での中古品漁りも結構楽しかったりするのですが、たまには新品を購入して、無線機メーカーやアマチュア無線業界活性化に貢献しなければ・・・。(あ、オプション類は結構新品で買ったりしてます・・・^^)

前回、FT-920を移動運用で持って行ったけど、大きいし重いし大変だったというようなことを書きましたが、モービル機なみの大きさでHF~430Mに出られるリグを、移動運用用に以前から欲しいと思っていたところ、ようやく入手することができました。

IC-706mkIIS (ICOM)
 《'97年8月発売、発売時価格138,000円》

 モービル運用、移動運用でオールバンドに出たくて2002年9月に中古で購入。これ1台でHF~2mまで出られるようになりました。大好きな430Mがないのと、50W機ではなく10W機(Sタイプ)であるのが少し残念に思いましたが、車にHFアンテナを付けて、運転しながらHFをワッチしたり、公園の駐車場などで車のなかからの移動運用を中心に楽しみました。

Ic706_1 ←IC-706mkIIです。これを入手したおかげでFT-920は常置場所に置きっぱなしにすることができましたw

 当局は、しょせんショボいモービルアンテナ運用なので、小型だけど性能は必要十分と思いました。が、ボタンを何度か押してメニューを出さないと、目的の操作ができないのは少し不便です。大きさと相反するところなので、仕方ないのですけどね^^;

FT-897DS (YAESU)
 《'04年3月発売、発売時価格148,000円》

 
つい最近のことですが2007年1月に中古で購入しました。およそ4年半ぶりにリグを買いました。

2000年のハムフェアだったでしょうか。八重洲のブースにFT-817という、小型でバッテリー(電池)運用ができる、オールバンド・オールモード機が登場しました。その翌年のハムフェアで、やはりバッテリー運用ができ、高出力対応のFT-897が登場しました。移動運用好きな当局にとって、この2台はいつかは欲しいなあと思っていました。さっさと新品で買えよ!と自分でも思うのですが、結局中古の掘り出し物を購入しました。

1台で何でもアリな感じのリグで、取手があるせいか持ち運ぶのがおっくうに感じません(いまのところは^^;)。固定でも移動でも使えそうです。これ1台あればすべて済んでしまうのでは?とさえ思えますが、操作面ではやはりFT-920にはかないません。常置場所では2m/430メインで使っておりますが、暖かくなったら、移動運用に持ち出そうと思っています。

Ft897 ←FT-897DSです。外見からではDタイプなのかどうかわかりませんw Sメータの振れがちょっと重いような感じ・・・かな?

さて、このFT-897で最近取り組んでいるのが、離れた部屋から操作&QSOするリモート運用です。リモート運用については、まだ、いろいろ実験中ですので、またそのうち書きたいと思います。

|

« 2月4日ちょこっと移動運用 | トップページ | 家のアンテナ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209852/5255760

この記事へのトラックバック一覧です: リグのお話 ~移動運用に向けてのHF機~ :

« 2月4日ちょこっと移動運用 | トップページ | 家のアンテナ »