« 家に設置しているHFモービルアンテナ | トップページ | 移動運用時のアンテナ »

2007年2月15日 (木)

家のGPアンテナ

前回に引き続き、家のアンテナの紹介をします。

今回は、50M~430Mで使用しているGPアンテナ(ダイアモンド VK-610)です。

Vk610 ←ダイアモンド VK-610 です。50M/144M/430Mの3バンドにQRVできるアンテナです。現在は生産中止品です。

だいぶ昔にハムフェア会場で購入しました。いつだったかは忘れましたが、横浜で開催されていた頃です。先日、FT-897を購入したのを機に、しまってあったのを取り出してきました。

50Mはラジアル付き、144M/430Mはノンラジアルで動作します。以前も書きましたが、白いエレメントがやや目立ってしまっています^^;

アパマン、かつ、最上階ではないですので、あまり長いアンテナは使えません。上の階の人に迷惑がかかります。その点、このアンテナは長さ1mちょっとなので大丈夫です。そのぶん、性能は犠牲になっていると思いますが・・・w

このアンテナは、ふだんはFT-897につないでいます。先に書いた、CM144W7と50MHzで比較してみたところ、あまり差は無いかんじでした。これから、Esシーズンでいろいろ比較してみたいと考えています。

Vk610swr さて、例によって(?)SWR測定の結果です。

(画像を左クリックすると、画像のウィンドウが出ますが、PCの画面に比べて大きな画像を表示すると、どうもスクロールできず、全部が見れないようです。ここのブログの仕様でしょうか? 画像を右クリックで「リンクを新しいウィンドウで開く」で見ると全体が見れるようです。)

50M/144M/430Mとも全帯域にわたってSWR2.0以下でまずますです。ラジアルは適当に取り付けたままです。ラジアルを調整すれば、50Mの特性を変えられるようですが、問題なさそうなのでそのままにしています^^

ところで、このアンテナとリグの間にデュプレクサを使って50Mと144M/430Mを分けていますが、先日SWRを測定する際に、430Mで、リグから20W出力しているはずなのに10Wちょっとしか出ていないことに気がつきました。それで、デュプレクサをはずすと20W近く出ていました。デュプレクサ(Mコネクタの製品ということもあると思いますが)の損失の大きさを思い知らされました・・・ってデュプレクサの不良じゃないよね^^?

せっかく50Mにも出られるアンテナなんですが、デュプレクサは使わずに、144/430専用で使ったほうがいいのかなあ・・・とも考えています。

|

« 家に設置しているHFモービルアンテナ | トップページ | 移動運用時のアンテナ »

コメント

こんにちは。
デュープレクサには必ず損失があります。私の所でもデュープレクサを使うとS1弱(1-2db程度)程度の減衰があります。
色々と試しましたが、デュープレクサー回路そのものは低損失のようですが、デュープレクサーを入れるとMコネクターの数が増えます。in/outでどうしても2組必要です。どうやらそこで減衰するようです。
20Wが10Wへとのことですから電力として-3db減衰していることになります。恐らく受信でもS1程度は信号が弱くなります。
私も50/144/430のアンテナを使っていましたが、結局デュープレクサを外して、144/430の2バンドアンテナを使っています。

投稿: JI1ANI 福井 | 2007年2月18日 (日) 13時20分

こんばんは。
コメントありがとうございます^^

やはりMコネクタの影響が結構あるんですね・・・。430は特に影響しそうですが、デュプレクサのところだけNコネクタ品を使用したほうがいいのでしょうか。

ブログにはああ書いたものの、HFモービルアンテナ + FT-920、GP + FT-897で6mをダブルワッチする環境が結構快適だったりしてますので、GPを144/430のみにしてしまうのを躊躇しています。同軸ケーブル(現在は5D-FBを使っています)を太く、かつ、低損失タイプに変えるとか、他の手段も検討中です。何か工夫できたら、またブログに書きたいと思いますw

投稿: JO1QUF | 2007年2月18日 (日) 19時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209852/5345550

この記事へのトラックバック一覧です: 家のGPアンテナ:

« 家に設置しているHFモービルアンテナ | トップページ | 移動運用時のアンテナ »