« リグのお話 ~2m&430Mにハマっていた頃 その1~ | トップページ | リグのお話 ~6mに進出、そしてナビトラへ~ »

2007年1月31日 (水)

リグのお話 ~2m&430Mにハマっていた頃 その2~

前回の続きで、リグの紹介をします。

今回は、2mオールモード機を2台入手したときのお話です^^

IC-202 (ICOM) 
 《'75年7月発売、発売時価格48,500円》

 会社の職場でOMが手放すと言うので、中古で購入した、144MHz(2m)のSSBリグです。
 古いせいか、受信はいいのですが送信が調子悪く、まともな音声として送信できなくなってしまいました。まともなQSOには一度も使われることなく引退したリグですが、2mSSBの面白さを体験させてくれました。

FT-290mkII (YAESU)
 《'86年6月発売、発売時価格68,700円》

 IC-202の調子がいまひとつのため、安定した2mオールモードリグが欲しいと思い、 '98年11月に、これも中古で購入しました。
 430に比べて、遠くまで飛んでくれて楽しませてくれます。

Ft7929_3

↑上がFT-790mkII、下がFT-290mkIIです

 FT-790mkIIと併せて、同じデザインのリグが2台並ぶと何だか壮観です。かくなる上は、 690mkIIも手に入れようかと企んでいましたが、その後別の2mオールモード機を入手することになり、FT-290mkIIは手放してしまいました。いまさらですが、ちょっと惜しいことをしたと思っています。

(つづく)

|

« リグのお話 ~2m&430Mにハマっていた頃 その1~ | トップページ | リグのお話 ~6mに進出、そしてナビトラへ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209852/5144464

この記事へのトラックバック一覧です: リグのお話 ~2m&430Mにハマっていた頃 その2~ :

« リグのお話 ~2m&430Mにハマっていた頃 その1~ | トップページ | リグのお話 ~6mに進出、そしてナビトラへ~ »